国立病院機構北海道がんセンター

がんセンターTOP >> 採用情報 >> 国立病院機構北海道がんセンター

国立病院機構北海道がんセンター

国立病院機構北海道がんセンターでは、薬剤師は医療に大きくかかわるなど、非常に重要な位置づけです。がんを一から学びたい、がん医療に貢献したい、ガンについての知識を高め、薬剤師としてさらにキャリアアップを図りたいといった向上心のあるやる気に満ちた薬剤師にとっては絶好の職場です。北海道のがんセンターでは薬剤科に薬剤師は所属し病棟薬剤業務などに勤めています。このセンターでの特徴としては、1つのモデル病棟に対し、専任薬剤師を設置している点です。専任薬剤師は、医師と密接に連携を取り業務内容を確認し協議をしながら業務に取り組んでいきます。

がんセンターの薬剤科で薬剤師が取り組む業務ですが、薬務、調剤、無菌製剤、試験検査、製剤といった業務の他に企業の新薬開発に協力する治験活動も行います。また、医薬品の情報を収集し、医薬従業者に提供するDI業務、そして薬剤師の指導、教育に携わる薬剤師もいます。国立病院機構北海道がんセンターはガン専門の薬剤師を育成する期間でもあり、がん専門薬剤師研修制度、がん薬物療法認定薬剤師研修制度が設けられていますが、レジデント制度と言って、研修生は学習し資格を得る機会を得ながら給与を支給されるというものです。がんセンターでは非常勤勤務の扱いで給与が支給され、1年に1回募集がかかります。

がんセンターでの薬剤師のその他の業務ですが、薬剤師は研究開発にも関わっており、大学との共同研究を進めたり、独自の研究を行うこともできるなど働きながら多くの事を学ぶことができます。

このようにがんセンターでの薬剤師は、調剤や製剤以外に病棟で医師と治療プランに関わったり、研究をすることが出来たり、さらに研修生としてがんについて多くの事を学ぶことが出来るなど、非常に魅力的な職場となっています。

採用情報はどのように見つけるのかというと、採用は国立病院機構北海度東北グループという東北の国立病院をまとめて管理する機関での採用となっています。がんセンターで働きたい場合もグループを管理する機構の求人に応募しなければなりません。薬剤師の募集は年に1回他の病院の採用と一緒に行われ、筆記試験、面接試験などにパスする必要があります。その他に臨時での薬剤師の採用も適時行われております。採用についての連絡は国立病院機構北海道がんセンターのホームページや国立病院機構のホームページにて確認することが出来ます。1年に1度の採用情報に間に合わなかった場合は、こまめにホームページを確認し、臨時の薬剤師採用を見逃さないようにする必要があります。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.