神奈川県立がんセンター

がんセンター薬剤師求人TOP >> 採用情報 >> 神奈川県立がんセンター

神奈川県立がんセンター

神奈川県立がんセンターは平成25年にリニューアルしオープンしており、がんセンターとしてかなり最新の設備を備えています。首都圏の中でも最も大規模な神奈川県に位置し神奈川県のみならず関東のがん治療の中枢の1つとなっています。

病院がリニューアルしたのとともに、患者さんに優しい様々なコンセプトを設け、病院の改善を図っています。たとえば、外来の待ち時間の短縮を制度かしたり、高精度照射などの放射線治療を拡大したり、無菌病棟を増やし移植治療や化学療法などでもさらに高度な治療を目指しています。また、重粒子線治療装置を導入し、今まで治らなかったがんの治療が可能になるなど、大変革新的な病院となっています。

薬剤師は薬剤部に所属し、薬の調剤、DI業務(ドラッグインフォメーション)、薬剤管理、注射薬調剤、製剤、調剤、治験管理業務など様々な業務をこなします。さらに栄養サポートチームや緩和ケアチーム、感染制御チームなど他の技術者や医者とともに作られているチーム医療に参加し薬剤師としての観点から能力を発揮しています。このようにセンターでの薬剤師の仕事は非常に多岐にわたっており、様々な分野での経験を積むことができます。薬剤師として医療チームに加わることで薬物療法の計画段階から力を発揮することもでき、薬剤師という枠組みを超え、多くの事を学ぶことができるので非常にやりがいのある仕事です。

こうしたがんセンターの薬剤師として勤務するため、採用情報はどのようになっているのでしょうか。がんセンターでは毎年、常勤勤務や非常勤勤務の薬剤師を数名採用しています。新卒や既卒は問わず薬剤師であればだれでも応募することが出来ます。採用された後で薬剤部での仕事内容が決まります。その他に臨時の教員としてポジションに空きがあれば求人が出るようになっています。臨時採用の場合は、そのまま臨時採用扱いとなり、年度末などで契約が終わります。また、がんセンターではがん専門薬剤師やがん薬物療法認定薬剤師などのがんについて専門性をもつ薬剤師も雇用があります。

神奈川県立がんセンターは全国にあるがんセンターの中でも都心にあり、すべてが新しい施設と設備で、最先端のがん治療を学ぶことが出来る非常に魅力的な職場です。そのため求人があればすぐに埋まってしまう可能性も高くなっていますので、求人は見逃さないようにすることが大切です。そのためにはリクナビ薬剤師などの薬剤師専門の転職エージェントに登録することがオススメです。リクナビ薬剤師では、希望さえ伝えておけば求人が新しく出た時にすかさずお知らせをしてもらえます。また、医薬業界や病院関連に詳しい専門のコンサルタントが様々なアドバイスをしてくれますので、安心して就職活動をすることが出来ます。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.