千葉県がんセンター

がんセンター薬剤師求人TOP >> 採用情報 >> 千葉県がんセンター

千葉県がんセンター

千葉県のがん医療の中枢が千葉県がんセンターで、広々とゆったりとした病院です。昭和30年代にオープンし、平成18年には千葉県のがん治療の拠点として国から「都道府県がん診療連携拠点病院」に認定され、他のがん治療をすすめる病院との連携に力を注いでいます。千葉県がんセンターでは、最新の医療技術と治療でがんに取り組むだけでなく、臨床試験にも力を注ぎ医療局と研究所が一つになった機関、臨床研究総合センターを立ち上げており、新規抗がん剤の研究などを行い注目を集めています。

薬剤師は薬剤部に所属して入院患者の処方薬の調合する入院調剤、外来調剤、注射薬の調製、入院患者一人一人にあった薬を作る院内製剤、通院化学療法服薬指導、医薬品の最新情報を収集して関係者に提供をするDI業務(医薬品情報収集)、新薬開発のための最終実験となる治験薬管理などの業務をこなしています。薬剤師ががんセンターに就職すると実際のがんの最先端治療に触れながら、病院内の様々な業務をこなすことが出来ます。たとえば栄養士などと共に栄養サポートのチームにも関係するなど、他の医療関係者と医療チームを作ることにより薬剤師の専門性を生かすことができますし、また他の医療関係者から様々なことを学ぶことができるのです。

このように千葉県がんセンターに勤める薬剤師は、勤務して給与をもらうだけではなく、新しいことを沢山吸収できるという利点があります。2人に1人はなるといわれている現代病「がん」について学べることはとても有益だといえます。がんについての治療はすなわち医療の先端を行くものだと言えるからです。また、こうした薬剤師はがんの専門知識を深めることにより、研修などに参加し勉強を積めばがん専門薬剤師などのがんの専門的薬剤師になれる可能性もあります。

千葉県がんセンターの薬剤師採用情報はどのようになっているのでしょうか。薬剤師の採用情報は、毎年決まった時期に翌年の4月をめどに求人が出ることになります。その他には臨時雇用などの求人が適時発表されます。求人については千葉県がんセンターのホームページから確認が出来ますが、その他にもハローワークや薬剤師の求人サイトなどでも見ることができます。条件としてはどれも同じなので、サービスの良い薬剤師の転職エージェントがおすすめです。転職エージェントでは就職のあっせんだけでなく、転職まで総合的にサポートをしてくれます。履歴書の書き方の指導や不安な面接についても対策を練ってくれます。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.