激務でないがんセンターの薬剤師求人

がんセンターTOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 激務でないがんセンターの薬剤師求人

激務でないがんセンターの薬剤師求人

薬剤師として勤務することができる職場としては、調剤薬局・製薬会社・病院・CRO・医薬品卸など様々あって、一般的にどこの職場も激務度が高いと言われています。その中でも臨床開発モニター・門前の調剤薬局や薬剤師1人の調剤薬局・総合病院・ドラッグストアは特に激務の職場です。ただ激務の定義は、処理する仕事が膨大である・精神的肉体的負担が大きいなど人それぞれで違いますが、目が回るような忙しすぎる職場を好む人は少ないという点は共通しています。では、独立行政法人や地方独立行政法人が運営していて、基本的に公務員や公務員に準じる待遇で働くことができるがんセンターは激務な職場なのでしょうか?

がんセンターで勤務する薬剤師の業務にはそれぞれ担当があって、調剤業務・注射業務・製剤・抗がん剤の調剤・医薬情報収集と提供・服薬指導業務など様々です。また、臨床研究や新薬研究などを実施しているがんセンターでは、薬剤師がその一員となって業務にあたることもあります。ただ、基本的に4週8休で年間休日は全て合わせると120日前後としっかり休むことが可能ですし、勤務時間も基本的に公務員と同様なので、それ程激務な職場とは考えられません。しかし現実的には、がんセンターは忙しい職場で残業もしなくてはならないことも少なくありません。でも、全てのがんセンターが激務ということではないので、激務でないがんセンターもあれば、激務でないがんセンター内の部署もあるはずです。細かく求人情報を確認して探すと見つけ出すことも可能です。

そこで、激務でないがんセンターの薬剤師求人を探す場合には、どのような点を調べて確認すると良いのかというと、まずは月平均の残業時間をチェックすることです。ただし、求人情報に提示されている月平均の残業時間が正しいとは限らないので、その情報が正しいのかを確認するためには、職場の業務内容と勤務している薬剤師の人員を調べてみると良いです。もし薬剤師の人数がギリギリであれば必然的に激務になる可能性は高くなりますし、あまりにも業務内容と人数のバランスが崩れているようでは薬剤師1人にかかる負担が大きくなってしまいます。激務でないがんセンターの薬剤師求人を探すのなら、安易に提示されている月平均の残業時間だけを信じるのではなくて、勤務している薬剤師の人数もチェックしておくことです。激務かどうかの見極めどころは、勤務する薬剤師の人数と認識しておくと良いです。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.