高給与のがんセンターの薬剤師求人

がんセンター薬剤師求人TOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 高給与のがんセンターの薬剤師求人

高給与のがんセンターの薬剤師求人

高給与のがんセンターの薬剤師求人を目標に転職先を探すにあたって、薬剤師の平均年収がどの程度なのかを基礎知識として知っておくことは必要です。そうすることで高給与なのかを比較検討することもできます。薬剤師の給与も勤務先・年齢・役職で大きく異なりますが、全体の平均年収としては500万円〜650万円で中央値としては400〜500万円程度です。また病院薬剤師の年収は、20代の薬剤師では300万円、30代・40代なら450万円と年代により収入はアップしますが、全体の平均年収の中央値程度ということです。

がんセンターの薬剤師の年収はどうなのかというと、正社員で400万円〜500万円程度で、パートやアルバイトなら時給1,500円程度が一般的です。ただ、がんセンターで勤務する薬剤師の中には、がん専門薬剤師・薬物療法認定薬剤師などと言った認定を取得している人もいて、そのような認定薬剤師なら年収は500万円〜600万円程度となります。このことからも理解できるように、がんセンターの薬剤師は他の病院と比較してもそこまで高給与というわけではありません。がんの診療と研究を専門的に実施している施設となるがんセンターですが、病院薬剤師の平均年収と同様と言えます。

しかし、がん専門薬剤師・薬物療法認定薬剤師といった認定を持っている薬剤師は、一般薬剤師より給与面で優遇されるので、高給与のがんセンターの薬剤師求人を狙うのならその点も考慮すると良いです。ただし、がん専門薬剤師の認定を取得するためには、がんセンターにおける勤務が3年以上必要になりますし、薬物療法認定薬剤師の認定に関しては研修を受けて難関試験に合格する必要があります。その為、普通の薬剤師では認定を取得することが難しいというのも確かですが、高給与のがんセンターの薬剤師求人を狙うのなら挑戦することも必要です。

また、高給与の勤務先に転職するためのステップとして、がんセンターの薬剤師求人を探すのもひとつの手段としてあります。それは、がん専門薬剤師や薬物療法認定薬剤師という認定を取得していると、新薬の研究開発をしている企業からの求人が比較的多くあって、高給与の可能性も高いのです。また昇給のスピードが速いために年収1,000万円を超える可能性も考えられるので、がんセンターでの経験を後々に役立てることも考えてみると良いです。それから、がんセンターは行政独立法人といった国公立施以外にも民間研究機関や大学付属の大学病院などもがんセンターと呼ばれる施設があるので、視野を広げて高給与のがんセンターの薬剤師求人を探すのも良いでしょう。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.