正社員のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターTOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 正社員のがんセンターの薬剤師求人

正社員のがんセンターの薬剤師求人

独立行政法人であるがんセンターは、準公務員として安定した給与や着実な昇進、適切な勤務時間や休暇、充実した福利厚生など働きやすい環境が約束されていることや、最先端のがん治療に深くかかわることができるなど、待遇の面でもやりがいの面でも非常に満足できる、薬剤師の就職先として人気の高い職場の一つです。

がんセンターでは正社員として、非常勤と常勤の薬剤師を募集しています。採用条件としては、非常勤の場合は薬剤師の資格を持っていること以外に特別な条件はない場合が多く、未経験でも応募が可能です。常勤の場合は募集しているセンターにもよりますが、3年〜10年程度の薬剤師経験があることが必須の条件であったり優遇の条件であったりすることが多くなっています。また、一般の薬剤師の他にがん専門薬剤師やがんの薬物療法認定薬剤師のようなより専門性の高い薬剤師の募集も行っています。

一般の薬剤師として就職してから、職場での研修やレジデント、実務経験を経て専門薬剤師や認定薬剤師を目指すことももちろん可能ですが、初めからこれらの資格を所有したうえで応募すればより採用の確立は高くなるでしょう。ただし、常勤の薬剤師は任期が定められている場合も多く、数年に一度更新のタイミングが設けられており、それまでの業績が良好であれば契約更新となりますがそうでなかった場合は任期満了となってしまいます。一度採用されたからと言って気を抜かず、常にスキルアップを図るとともに真摯に業務に取り組むことががんセンターで働く薬剤師には求められるのです。

こういったことから、がんセンターでは経験や知識以上に熱意や向上心のある薬剤師が求められています。もちろん、がん専門薬剤師として十分な経験と知識、技術を持つ人は優遇されますが、この資格自体5年に一度試験を受けて更新する必要のある資格です。そのためたとえ資格保持者であっても常に更新に向けて学習を続けることが必要なのです。またがんの治療法自体が日進月歩で進化しているものです。がんの最先端医療に関わるものとして、この進歩に後れを取らないよう常に積極的に最新知識を取り入れることが求められるのです。そのため、がんセンターで働く薬剤師には高い熱意と向上心が欠かせないのです。

がんセンターの薬剤師の求人は、センターのホームページから確認することができます。常に応募しているわけではないので、日頃からこまめに採用情報をチェックするようにしましょう。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.