20代のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターTOP >> 条件別の薬剤師求人 >> 20代のがんセンターの薬剤師求人

20代のがんセンターの薬剤師求人

20代の薬剤師は、これからキャリアアップ・スキルアップしていくことができる状況にあるので、何らかの理由から転職するのなら、がんセンターの薬剤師求人を探してみるのもおすすめです。がんセンターの薬剤師として勤務することで、がん治療の多くの局面に密接に関わることができて専門知識を習得することができます。また、このようにがん治療の最新情報や医療技術に接することが、キャリアアップやスキルアップにつながっていきます。それから、がん専門薬剤師や薬物療法認定薬剤師といった認定を取得することもできます。ただ、がん専門薬剤師の認定を取得するためには、がんセンター勤務が3年以上必要になりますし、薬物療法認定薬剤師の認定を取得するには研修と難関試験を突破しなくてはならないので大変です。しかし、これらのことが将来的に大きく役立っているので、がんセンターの薬剤師求人を探して転職するのも良いです。

また20代の薬剤師なら、がんセンターで募集するレジデント制度を利用するのも転職のひとつの手段として考えられます。がんセンターでは、がん疾患に関するスペシャリストの育成に対しても積極的に取り組んでいて、薬剤師に対しても専門性を育成するためにレジデント制度を実施しているのです。このレジデント制度を例えるのなら医者のインターン制度のようなもので、臨床検査業務などを実施しながら薬剤師としての専門的な技術を修練していくものです。

ただ、このレジデント制度というのは他の研修制度と異なっていて、レジデント生徒でありながら非常勤勤務者と同等の扱いとなり給与が支給されるのです。ちなみに、がんセンターにおける非常勤勤務の時給の平均額は1,500円程度で、同等の時給が生徒にも支給されるので、20代で向上心の高い薬剤師にとって向いています。また、がんセンターの薬剤師レジデントの研修期間は3年間なので、修了することで狭き門とされるがん薬物療法認定薬剤師の認定条件をひとつ満たすことになります。将来的にがん薬物療法認定薬剤師に認定されると、そのポジションでがんセンターの勤務も可能になるのです。

がんセンターではレジデント制度の募集を毎年1回実施していますし、大学卒業予定の方や薬剤師になって数年程度の2若手薬剤師なら応募することが可能なので応募を検討してみると良いです。がんセンターの薬剤師求人だけでなくレジデント制度への応募と言った方法をプラスすることで、転職の可能性をアップすることができます。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.