がんセンターの薬剤師に多い悩み

がんセンターTOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師に多い悩み

がんセンターの薬剤師に多い悩み

がんセンターでは一般の薬剤師も勤務していますが、より高度で専門的な知識をもつがん専門薬剤師が多数勤務しています。がんセンターで働くのであれば、がん専門薬剤師を目指すのもいいでしょう。

がん専門薬剤師の役割は、患者一人ひとりにより最適な薬物療法を提案するとともに、患者の安全性を確保し、適切な服薬指導を行うというものです。薬の過剰投与や投薬が原因の医療事故、副作用によるリスクの回避は従来がんの専門医が担っていた業務ではありますが、これをサポートしたり、時には全責任を持って遂行するのががん専門薬剤師の重要な役割なのです。

がんの治療薬の種類は多岐にわたり、患者の体質や病状、薬の組み合わせによって効果の出方は大きく変わります。そのため患者一人ひとりに合った治療法を提案するには非常に高度な知識と経験を必要とします。非常に責任ややりがいが大きい仕事である反面、悩みも多くなります。

がん専門薬剤師となるためには、5年以上の実務経験とガン薬物療法に関する5年以上の研修歴を必要とし、さらにがん患者への薬剤管理指導の実績を50症例提出する必要があります。さらに5年ごとに更新が必要になるため、いちど資格を取得したからと言って継続的な学習を怠ることはできません。そもそもがんの治療法や薬剤は日々新たな開発がなされています。常に最新の技術や知識を収集し続ける必要があるのです。

これからがん薬剤師を目指す人も、すでにがん専門薬剤師として勤務している人も、忙しい業務の合間に資格を取得しそれを維持するための学習を続けるためには充実した職場環境とチームメイトの理解が必須となります。これらが得られず、資格の取得やその維持に苦労しているという悩みを抱えるがん専門薬剤師は少なくありません。しかしその苦労に変える価値のあるやりがいや達成感が得られるのが、がん専門薬剤師の仕事なのです。

また、それだけ苦労の多いがん専門薬剤師ですが、基本的な収入に関しては一般の薬剤師とそれほど変わらないというケースも多く、これがまたがん専門薬剤師の悩みの種の一つとなっているようです。しかし昇進を重ねたり、製薬会社で責任者となることができれば一般の薬剤師よりもはるかに高い収入を得ることも不可能ではありません。

未だ日本人の死因の大多数を占めている大病であるがん治療に最先端で関わることができ、自分自身の視野を広げることができるがん専門薬剤師は、薬剤師としての道を歩み始めたばかりの若い薬剤師や、様々な経験を積み新たなステージを目指す中堅の薬剤師、どちらにとっても非常に有意義な働き方であると言えるでしょう。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.