がんセンターの薬剤師の退職金

がんセンター薬剤師求人TOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の退職金

がんセンターの薬剤師の退職金

薬剤師の退職金は、勤続年数や職場の形態によって変わってきます。ついつい年収ばかりに目が行きがちですが、年収は高くても退職金が全く出ない職場と、年収はそれほどではなくともしっかりと退職金が支払われる職場では総支給額にそれほど大きな差が出ない場合もあります。

一般的に薬剤師の退職金の相場は、勤続年数5年の場合は50万円、30年の場合は約500万円ほどと言われています。調剤薬局の場合は企業の規模によって退職金の額も変わってきます。規模が大きければ退職金の額も大きくなります。勤続10年で給与10か月分、22年で25年分、30年で42か月分が相場と言われています。ドラッグストアは大手の場合が多いため、退職金もしっかり支払われるようです。

勤続35年で数百万、役職に就いていれば1,000万円近く支払われることもあります。病院の場合は民間であれば勤続35年で700から800万円、国立病院になると1,000万円を超えることも珍しくありません。しかし一方で小規模の薬局になると退職金の額も下がり、経営状況や経営者の考え方によって中には退職金の出ない職場もあります。

ではがんセンターの退職金はどうなのでしょうか?一般的に国立病院やがんセンターをはじめとする非営利の独立行政法人は、退職金の額が大きいと言われています。独立行政法人は国家公務員ではありませんが、準公務員待遇を受けることができるため給与や福利厚生の面で民間企業に比べて優遇されているケースが多いようです。それは退職金に関しても同様で、新卒から定年退職までがんセンターで勤めた場合の退職金は2000万円〜3000万円に及ぶことも少なくありません。民間の企業や病院に勤めて1000万円を超える退職金を支給されるケースは非常にまれなことを考えると、この金額は非常に魅力的でしょう。

ただし、退職金の額は勤続年数に比例するため、30代中盤以降にがんセンターに転職した、というケースではたとえどれだけ高い功績を上げたとしても数千万円を超える退職金を手にするのは難しいでしょう。退職金だけを目当てにがんセンターへの転職を希望する人はいないと思われますが、少なくとも退職金の額ががんセンター志望理由の一つであるならば、後々になってがっかりしないためにもあらかじめ転職サイトのキャリアコンサルタントなどにどれぐらいの退職金額が見込めるのか、事前に確認しておくといいでしょう。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.