がんセンターの薬剤師の自己PR

がんセンター薬剤師求人TOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の自己PR

がんセンターの薬剤師の自己PR

求人に応募する場合、やはりもっとも重要視されるのは履歴書とそして面接です。履歴書は最初の書類選考でふるいにかけるための大切な書類なので、丁寧に取り組む必要があります。たった紙1枚ですべてが決まってしまうといっても過言ではありません。特に履歴書の段階では、応募者の人となりを判断するのはすべて履歴書1枚にかかってきます。履歴書や職務経歴書は細心の注意を払って書くようにしましょう。

履歴書や面接で大切になってくるのが自己PRと志望動機です。これらは面接でも必ず聞かれると言っていいでしょう。それでは自己PRのキーポイントとは何でしょうか。まず、自己PRとは自分がどういった人物で何が得意かを述べる場所ですが、特異なことを羅列していても面接官の心には響きません。自分の得意なことや性格が、がんセンターにどのように貢献することが出来るかという事を熱意をもって伝える必要があります。

がんセンターでの薬剤師勤務の特徴といえば、最先端のがん医療を学ぶことができる、がんの主流の治療法、薬物療法では薬剤師が主体となって治療に参加することができる、研究に参加することができる、そしてレジデントとして勉強しながら働け、さらに資格取得の可能性も広がるといったような点です。また、がん専門薬剤師やがんの薬物療法に関わるなどの資格を持っている薬剤師にとっては自身の技能を目いっぱい生かすことが出来る職場とも言えます。がんセンターとしても勉強熱心でやる気のある、熱意を持った薬剤師を求めていると言っても良いでしょう。そのため、がんの治療に対しての自分の熱意を面接官にわかりやすく伝えることが大切です。

面接では、自己PRを説明する際、自信の体験談も織り交ぜて話すとより面接官の心に響きます。自己PR欄では自分の特徴を明確にして、それがどうセンターで貢献することが出来るのかということを話す必要があります。自己PRや志望動機はみな内容的には似てしまうことが多いので、自分の体験談をわかりやすく説明し相手と違いを付けることで面接官に印象を残すことが大事になります。

面接などの対策に不安がある人は転職エージェントへの登録がおすすめです。薬剤師専門の転職エージェントに登録すると、就職先の紹介だけではなく、履歴書の書き方や面接での対応方法などについてもキャリアコンサルタントが細かく指導してくれます。志望動機や自己PRについても自分だけではわからないようなポイントをアドバイスしてくれます。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.