がんセンターの薬剤師のやりがい

がんセンター薬剤師求人TOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師のやりがい

がんセンターの薬剤師のやりがい

薬剤師には様々な職場があります。調剤薬局やドラッグストア、病院勤務を思い浮かべる人が多いものですが、がんセンターにも多くの薬剤師の活躍の場が用意されています。

がんセンターは、最先端の医療技術によるがんの治療や、がんの発見方法や新たながんの治療法に関する研究・開発などを行っている施設です。1960年代に国立の施設として設立され、現在は独立法人として運営されています。

がんセンターでは、がんの薬物療法の専門家として多くのがん専門薬剤師が勤務しています。がんセンターで働く薬剤師の役割は、患者さんの健康を管理しその時々に応じて適切な薬物治療を行うことです。患者さん自身、そしてそのご家族が安心して治療を受けることができるように治療法についての説明を行ったり、また医師による薬物治療計画の初期段階からかかわり、より最適な薬物治療を提供する重要な役割です。それだけに非常にやりがいの大きな仕事です。

がん薬物療法認定薬剤師となれば、抗がん剤治療や緩和療法などより幅広く、そしてより高度ながんの薬物治療に関わることができます。がん薬物療法認定薬剤師になるには長期の研修を受け、その後の試験に合格する必要があります。高い技術と深い知識を持ったひとにぎりの薬剤師しかなることのできない認定薬剤師ですが、それだけにがんセンター内での地位も重要になり、やりがいを感じることのできる場面も多くなるでしょう。

がんは日本人の二人に一人が患うと言われている病気であり、死に至るケースも多い大病です。未だ効果的な治療法や早期発見の方法は確立されてはいませんが、がんに関する技術の発展や新たな発見は目まぐるしいものがあります。そんながん治療の最先端にかかわることのできるがんセンターの薬剤師は非常にやりがいを感じる仕事です。日々そこで勤務しているだけでも多くのことを学ぶことができますし、患者さんが快方に向かえば大きな達成感を得ることもできます。またがん薬物療法認定薬剤師を目指すことで常に高いモチベーションを維持することができます。

一般の薬剤師として働くだけでなく、より専門性の高いがん専門薬剤師を目指すという道もあるでしょう。がんセンターではそういった認定薬剤師や専門薬剤師を目指す人のための研修制度も充実しています。若い薬剤師やより高度な知識や技術を目指す薬剤師にとって、がんセンターは非常に刺激的かつやりがいを感じることのできる職場と言えるでしょう。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.