がんセンターの薬剤師の履歴書

がんセンターTOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の履歴書

がんセンターの薬剤師の履歴書

がんセンターは、病院の中でも特に日本人の2人に1人はなると言われるがん専門の機関で、国が管轄する独立行政法人という位置づけです。国営ではありませんが、それに準する機関ということで、がんの治療や研究に対し、最新の設備を備えており薬剤師にとっては非常に多くの事を学べる職場と言えます。がんセンターではがんに対し特別な知識を持つ薬剤師の育成のためレジデント制度という研修制度なども設けており、さらなるキャリアアップを目指す志の高い薬剤師が多く働いています。

がんセンターで薬剤師として働くには、職員試験を受けなければなりません。試験内容は履歴書での書類選考後に筆記試験、小論文、面接などとなっています。センターで採用試験を受けるためにはまずは書類選考に通らなければなりませんので履歴書は非常に大切になります。

履歴書は採用試験の第1関門で、本人のことを履歴書一枚で判断する第1印象のようなものなので、履歴書の書き方は慎重にならなければなりません。履歴書でぱっと目につくのは履歴書が読みやすいかどうかです。きれいな字で丁寧に読みやすいように履歴書を書く、一見シンプルですがとても大切なことです。また、写真などについても気を配る必要があります。また、間違いがあれば修正液で消さずに書き直すというくらいの気配りも大切です。要するにどれだけ丁寧に作られているかという事で相手に与えるイメージが違ってきます。

履歴書の中で大切なのは自己PR欄や志望動機です。自己PRでは、転職するにあたり転職先で自分がどのように会社に貢献できるかをわかりやすく説明する必要があります。がんセンターを受験するような薬剤師は多くの人が似たような特技を持っていることが考えられますので、他の人と個性を出すように工夫をすることが大切です。ただ単に何が得意というような、特技を羅列するのは控えたほうが良いでしょう。

がんセンターはがんの専門機関なので、仕事をしながらもがんについての医薬の知識を身に着けることが出来る絶好の場です。多くの事を学ぶことが出来る可能性が高いので志望動機についても書きやすいのではないでしょうか。自分の高い志を表すことが出来ればチャンスも広がります。

大切な履歴書の書き方ですが、あまり自信がないという人は転職エージェントに登録していれば、専門のキャリアコンサルタントにレビューしてもらうことも可能です。転職エージェントはリクナビ薬剤師など薬剤師を専門にしているところも多くあり、コンサルタントも医薬関連の転職に詳しいので安心して相談することができます。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.