がんセンターの薬剤師のレジデント

がんセンター薬剤師求人TOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師のレジデント

がんセンターの薬剤師のレジデント

がんセンターでは、がんの患者さんに最新の医療や薬物療法を提供するだけでなく、がんのスペシャリストの育成も積極的に行っています。化学療法や薬物療法が進化する中、薬剤師も6年制になりより専門性が求められています。その1つがレジデント制度です。レジデントとは医者でいうインターンのようなもので、専門性の高い薬剤師の育成をめざし、臨床検査業務を行いながら専門的な技術を修練していくシステムです。がんセンターの場合は、がん専門薬剤師の育成に必要な高い専門性を身に着けていきます。研修期間は3年間で、病院業務に従事し、がん専門薬剤師の指導のもとで豊富な勉強会や症例検討会などに参加し知識を得ていきます。

レジデントの研修生は、主に薬剤部での勤務と病棟や外来の薬剤管理指導業務の二手に分かれます。薬剤部ではがん医療などにおける一般的な知識を身につけます。薬剤管理指導業務では各診療科をローテーションでまわり薬物治療や緩和ケアにつき、標準的ながん治療について学びます。他に感染対策、緩和ケア、栄養サポートなどのケアチームへも参加し学習をしていきます。薬剤部では具体的には調剤、医薬品管理、抗ガン剤調剤、医薬品情報、血中濃度モニタリングなどと言った部門を4か月ごとのローテーションで回っていきます。

レジデント制度が他の研修制度と異なるのは、レジデントの生徒には給与が支給されるという点です。レジデントの生徒となると非常勤勤務と同等の給与が支給されます。がんセンターでの非常勤勤務の平均給与ですが、1時間1500円程度となり、レジデントの生徒も同等の時給が支払われます。レジデントの研修生は働いて給与を支給されながら勉強が出来る環境にあり、向上心の高い薬剤師に非常に向いてます。

がんセンターの薬剤師レジデントを修了すると、難関と言われるがん薬物療法認定薬剤師の認定要件の1つをクリアすることにもなります。がん薬物療法認定薬剤師として認定されれば、またがんセンターでそのポジションでの勤務が可能となります。

薬剤師のレジデントの募集は毎年1回行われています。大学を卒業予定の新人薬剤師や20代前半〜中盤の若手の薬剤師であれば誰でも応募することができるため、薬剤師としてさらなる知識を高めたい人が応募しています。募集はホームページで発表があるほか、薬剤師の求人サイトでも募集がかかることがあります。薬剤師専門の求人サイトに登録し希望を伝えておけば情報があった時に連絡してもらうことも出来るので便利です。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.