がんセンターの薬剤師の転勤

がんセンター薬剤師求人TOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の転勤

がんセンターの薬剤師の転勤

準公務員として安定した給与と着実な昇進が約束され、過度な労働時間から守られた環境で働くことのできるがんセンターの薬剤師は、家庭を持つ方にとってはとても魅力的な仕事でしょう。しかしそのように家庭を持つ人や、マンションや一軒家など不動産を持つ人にとって気になるのが転勤の有無でしょう。たとえ安定した環境で働くことができると言っても、長期間自宅を離れて勤務しなければならなくなるのは難しいという人もいるのではないでしょうか。がんセンターで働く薬剤師には転勤はあるのでしょうか?

基本的に国立がん研究センターのような独立行政法人は転勤の多い職場です。たとえば国立高度専門医療研究センターであれば国立がん研究センター中央病院と国立がん研究センター東病院の間での転勤の可能性がありますし、国立病院機構であれば北海道がんセンターや中国がんセンターなど同じ組織に属する施設間での転勤の可能性は高いでしょう。転勤や異動に関して、本人の意思や希望と全く関係なく強制的に転勤先が決められてしまうわけではなく、ヒアリングによってある程度の希望を伝えることは可能です。ただし、都市部であったり交通の便が良かったりと人気に職場には希望が殺到し、すでに人員が足りている場合もあるため、希望が100%通るということはありません。

たとえ家庭や不動産を持っていたとしても遠方への転勤を命じられ、やむなく単身赴任をしたり退職せざるを得なくなったというケースも決して少なくはありません。特に男性は女性に比べて転勤に関して融通が利きにくいという傾向にあります。県立がんセンターのような地方公共のがんセンターであればそれほど遠方への転勤となるケースは少ないかもしれませんが、国立がんセンターのように全国に関連施設がある場合には、飛行機の距離への転勤となる可能性も低くはないでしょう。仕事ではなく、研修などのための短期転勤が発生することもあります。

がんセンターに限らず、全国展開しているチェーンのドラッグストアや同じく全国展開している医療グループの薬剤師は、関連する施設の人員不足や人材不足を理由に転勤を命じられる可能性は高くなります。こういった転勤の多い職場に就職する場合は面接の際に「転勤は可能か」と質問されます。そこで「転勤はできません」と言ってしまうと採用の可能性を下げることになってしまいます。絶対に転勤はできない、というのであれば、私立の施設や地域密着型の小規模な病院や調剤薬局に勤務するのがいいでしょう。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.