がんセンターの薬剤師の転職理由

がんセンター薬剤師求人TOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の転職理由

がんセンターの薬剤師の転職理由

がんセンターの薬剤師に転職する理由として多いのはどのような理由なのでしょうか?これからがんセンターへの転職を希望しており、履歴書の志望動機の書き方に悩んでいる人、漠然と転職を考えているけれどどの職場がいいのかまだ悩んでいる人は参考にしてください。

まずがんセンターの給与ですが、病院などに勤務する一般の薬剤師と比べてそれほど高いわけではなく、場合によっては低いこともありえます。そのため年収アップを転職理由にしている人は少ないでしょう。ただしがんセンターは準国営の施設なので公務員または準公務員扱いで勤務することができます。安定した給与や勤務年数による確実な昇給が得られることはもちろん、福利厚生が充実していることもがんセンターの魅力の一つであり、これを転職理由とする人も少なくありません。また、一般的に薬剤師は残業時間が多くなることが多いのですが、がんセンターでは休暇や勤務時間が約束されているためゆとりを持って働くことができます。育児をしながら働くワーキングマザーや家庭での時間を大切にしたい方などにとっては最適な職場と言えるのではないでしょうか。

また、がんセンターで働く薬剤師となることによって、がんに関する最先端の医療に触れることができます。未だに日本人の志望理由の大半を占める大病であるがんの治療や研究に身近に関わることができることは、高みを目指す薬剤師にとって大きな魅力となります。さらにがん専門薬剤師やがん薬物療法の認定薬剤師となれば服薬指導や患者一人ひとりに応じた最適な薬物療法の提案など、医療チーム内のより重要なポジションに立って自分の持つ知識や技術を実践的に生かすことができるようになります。

がんセンターは研修や学習制度も充実しており、がん専門薬剤師やがん薬物療法の認定薬剤師をめざしてさらなる専門知識や技術力の向上を図ることも可能です。

がんセンターは日本ではめずらしく、レジデント制度を採用している施設です。レジデント制度は欧米ではすでに標準化されている制度ではありますが、日本でこれを実践している施設はまだまだ少なく、その数少ない施設の一つががんセンターなのです。そのため、給与をもらって働きながら研修生として学ぶことができるという、薬剤師のスキルアップの場としては最適な職場なのです。

経験豊富な中堅の薬剤師にとっては、自分のスキルをより生かすことができ、さらなるスキルアップを目指せる場として、新人の薬剤師にとっては充実した学びの場としてがんセンターへの転職を希望することが多いようです。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.