がんセンターの薬剤師の残業

がんセンターTOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の残業

がんセンターの薬剤師の残業

調剤薬局や病院、製薬会社や医薬品卸会社など薬剤師の働く場は様々ですが、比較的どの職場も残業時間は多めだと言われています。特に診療所やクリニックに近く利用者の多い調剤薬局や、同じく患者数の多い総合病院の薬剤師、一人の薬剤師が切り盛りしている調剤薬局や調剤以外にもレジ打ちや商品の管理など多くの業務をこなす必要のあるドラッグストア勤務は残業時間が多くなりがちです。ではがんセンターの薬剤師の残業時間はどれほどになるのでしょうか?

がんセンターで働く薬剤師はがんという大病を取り扱うため、より専門性が高く高度な知識や技術を要求されます。それだけに一般的な病院や調剤薬局勤務と比べて残業時間も多くなると考える人も多いのでなないでしょうか。確かにがんセンターで勤務する薬剤師は調剤業務や注射業務、製剤業務や医薬情報の収集及び提供、患者への服薬指導など多くの業務をこなす必要があります。管理職的な立場になればより一層残業時間も多くなるでしょう。ただしこれらの業務にはそれぞれ担当が決まっているため、基本的には担当する業務だけをこなすことができれば問題ありません。

またがんセンターは基本的に県立や独立行政法人、地方の独立行政法人が運営しています。そのため公務員や準公務員待遇で勤務することができます。確かに残業はゼロではない、むしろどちらかと言えば多い方ではありますが、年間4週8休、祝日と夏季休暇、年末年始休暇の約120日間の休日が約束されています。職場や担当する業務によっては公務員同様、9時〜18時前後の勤務時間で基本的に残業のないところもあります。

がんセンターの薬剤師の残業時間はそのセンターや担当する業務によって大きく変わってきます。施設の規模に対して薬剤師の人数が少なければ当然残業時間も多くなりますし、反対に十分な人数の薬剤師が勤務している職場であれば一人当たりの業務負担も軽くなります。残業時間が少ないことを第一条件とするのであれば、求人情報の条件をしっかりと確認しましょう。ただし求人情報には魅力的な言葉が掲載されているものの実際には掲載されている内容と大きく異なるというケースが少なくありません。そのため実際にその職場を見て確認することをおすすめします。しかしそうは言っても自分自身でその職場を調査するのは難しいので、そういった場合は転職サイトのキャリアコンサルタントに相談してみるといいでしょう。その職場で働く薬剤師に直接確認した信頼性の高いデータを得ることができるでしょう。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.