がんセンターの薬剤師の志望動機

がんセンター薬剤師求人TOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の志望動機

がんセンターの薬剤師の志望動機

がんセンターの薬剤師として働くことを希望する場合、どのような自己PRを行うのが良いのでしょうか。まず、がんセンターで働く意義とな何でしょうか。がんセンターは給与面についてはほかの病院と比較しても低めの設定です。そのため高給を目的にがんセンターに勤めようという人は少ないでしょう。センターで働きたいと思う多くの人は、最新の医療技術を体験したい、がんの治療に貢献したいという高い志の人が多いはずです。

まず第1にがんセンターで得ることができるのは、がんに関する最新の医療技術に触れて仕事が出来ること。そして様々ながんの治療や治療薬について実践的に学ぶことが出来ること、そしてがん専門薬剤師やがん薬物療法認定薬剤師として自身のもっている高度ながんの技術を生かして働くことが出来る、そしてそれらのの資格をレジデント制度などで得ることが出来るという利点があります。レジデント制度については、欧米では標準化している制度ですが日本ではまだまだ少なく、がんセンターはそのレジデント制度を採用している特異な病院だと言えます。レジデント制度とは、研修生として実践を学びながら学習し、給与もきちんと支給されるというものです。

がんセンターの薬剤師の志望動機としては、やはりセンターが学びの場であるということを掲げるのが良いでしょう。センターでは今まで調剤薬局では学ぶことが出来なかった実践の場が広がり、医療チームの一員として医療に参加できるチャンスがあったり、がんの臨床研究に参加できるなど薬剤師として力をつけるには十分な環境が広がっています。また、がんセンターは準国営の団体の為、非営利に近く過度な労働を薬剤師に押し付けないなどの利点もあります。ゆったりとした環境でじっくりと学びながら働けるというようなことを志望動機に加えても良いかもしれません。がんセンター主催のセミナーや研修会なども開かれており、自身もそういったセミナーなどへ参加するチャンスも増えますし、企画にかかわることもあるかもしれません。がんセンターで薬剤師として勤務すれば、様々な可能性が待っており自身が飛躍するチャンスが広がっています。

志望動機を述べる際には、できれば自分の過去の経験や体験などと絡めて面接官の印象に残るようにしましょう。体験を語ることで面接官が人物像を描くことができ、印象に残りやすくなります。面接での対応が不安な場合は、薬剤師の就職エージェントなどの利用がおすすめです。キャリアコンサルタントが面接の対策を一緒に考えてくれます。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.