がんセンターの薬剤師の採用基準

がんセンターTOP >> 基礎 >> がんセンターの薬剤師の採用基準

がんセンターの薬剤師の採用基準

がんセンターではがんについての最先端の技術や薬物療法を取り扱っています。最先端のがん治療は薬物療法が主であるため、がんセンターで薬剤師はがんの治療に深くかかわることが出来ます。薬剤師として、日本人の2人に1人がなるといわれる大病の治療に関わるという事は、大変勉強になりますし、またやりがいを感じる仕事です。そのため、多くの薬剤師ががんセンターで働きたいと考えています。

がんセンターではどのような薬剤師が働いているのでしょうか。採用されるときの採用基準はどのようなものでしょうか。がんセンターで働いている薬剤師ですが、非常勤、常勤の採用枠に分かれています。非常勤、常勤(期間限定)とも常に積極採用を行っていますが、非常勤については薬剤師の資格を持っていれば経験なども不問で応募することが出来ます。常勤については3年以上の薬剤師としての勤務経験がある薬剤師が優遇をされています。また、人柄ですが、積極的に業務に取り組むことができ、周囲と強調して仕事をすることができる人が望ましいということです。

がんセンターでは一般の薬剤師の他に専門知識の高い薬剤師の採用も行っています。専門性の高い薬剤師とはがん専門薬剤師やがん薬物療法認定薬剤師などです。がん専門薬剤師はがんについての高度な知識を持つ薬剤師で、患者さんに合った薬の選択や副作用対策など薬物治療の計画段階から医師ともに関わっていきます。また、それらの薬の処方について患者さんやその家族が理解するまで説明を行うことです。がん薬物療法認定薬剤師も同様にがんの認定資格で、薬物療法に必要とされる知識や技能、臨床経験のある薬剤師のことを言います。いづれも数年の研修期間を経て認定をされるもので、がん治療において重要な位置づけの薬剤師といえます。

がんセンターではレジデント制度と言い、がん専門薬剤師になるための研修制度も設けています。レジデント制度終了後、そのままがんセンターに勤めがん専門薬剤師として勤務する薬剤師も多くいます。レジデント制度は新人や若手を中心に非常勤として採用されます。がん専門薬剤師やがん薬物療法認定薬剤師は全国にも数が少なく認定されればとても価値のある資格となるはずです。

がんセンターは若い薬剤師を中心に、薬剤師としてさらなる高みを目指し多くの事を学びたいという人に向いている職場です。採用基準としては、熱意を持っている人で年配よりは若手の人、がんの専門知識について勉強経験のある人や、がん専門薬剤師などの認定資格を持っている人などになりますが、経験より熱意重視の傾向が強いようです。

がんセンターの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国



TOP

がんセンターの薬剤師転職の基礎

条件別のがんセンターの薬剤師求人

がんセンターの薬剤師採用情報


Copyright (C) 2015-2018 がんセンター薬剤師求人ナビ【※転職サイトの賢い利用】 All Rights Reserved.